なでしこジャパン 決勝戦

FIFA女子ワールドカップ2011ドイツ杯の
決勝戦は感動の結末も迎えました。


頂上決戦にコマを進めたのは、
我らの日本の代表なでしこジャパンVSアメリカです。


決勝戦の試合の詳細は
全体としてはアメリカがリード、
なでしこジャパンは押され気味といった印象で
何度も危ない状況がありましたが、
前半戦は0−0で終了。


後半戦に入るもアメリカがやはり主導権を握り、
ついに均衡が崩れる。


先制したのはアメリカ。
後半24分に、アメリカの選手モーガンが
ラビノーのパスを上手く処理し先制。


しかし、後半35分に宮間あやが永里のクロスから
アメリカDFのこぼれ球を決め、同点のゴール。


そして試合は延長戦へ突入。


延長戦前半14分でモーガンのクロスにワンバックが
ヘッディングでシュートを決め
アメリカ2ー日本1と再びリードを許す。


この時、サドンデス戦であったなら試合は即終了
でしたが、ワールドカップのルールでは後半戦も行うので、
心から良かったと思うところ。


でも、不利な状態であるのは変わりが無いのは事実。
泣いても笑っても、後半戦の15分ですべてが決まる・・・


そして最後の延長戦の後半15分が開始。
後半12分に残りもあと僅かにその時が・・・
コーナーキックに宮間あやがクロスすると、
何と澤穂希があの角度から劇的なシュートを決め、
同点ゴール。


何と最後の土壇場で日本はアメリカに追いつき、
試合の行く末はPK戦へともつれ込む。


PK戦ではアメリカからシュートを始めるが、
海堀あゆみが好セーブ。
私はこの海堀あゆみがシュートを止めた瞬間、
なでしこジャパンの優勝は決まったのではないかと
確信した瞬間でした。


そしてなでしこジャパンがシュートを見事に決めてく中、
アメリカはシュートを外し、結果3−1で日本がアメリカを制し、
見事に初優勝を飾りました。


なでしこジャパンの再三のピンチにも
最後まで諦めない精神力に
実に決勝戦にはふさわしい試合だったのではないかと思います。


今大会女子ワールドカップ、ドイツ杯の得点王は
5得点を獲得した、澤穂希選手で同時にMVPも獲得。


感動をありがとう。
スポーツって良いですね。


自分の子どもにも夢を与えたいですね。

子どものサッカー

子どもののサッカー2
posted by なでしこ応援団長 at 08:07 | Comment(0) | なでしこジャパン 決勝戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
なでしこジャパン ワールドカップ 2011 トップページ FX通貨ペア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。